材料も道具も伝統工芸。

店主は言う。

「伝統工芸は完成された製品だけではない。材料も道具も伝統工芸なんだ」

 

桐生の本町通りに江戸時代から続く染料店がある。

当初は乾物屋だった。その後、荒物屋となり、

大正時代に染料店となり、現在の姿となる。

 

終戦後まもなく、スカジャンは此処、桐生の地で製作されていた。

その当時の製造方法を残したい、そう思って日々行動していると

いろいろな味わい深い人々にお会いする。

冒頭の店主もそのひとり。

 

現在市場に出回っているスカジャンは99%コンピューター刺繍である。

当時の製造方法は、生地に下絵を型付け(プリントのようなこと)して

横振りミシンで1枚ずつ、縫う人の感覚によって刺繍していた。

その際に使用する膠(にかわ)や青華(あおばな)、

それらを生地に摺る丸刷毛(まるばけ)。

これらの材料や道具を製作する人々がいなくなって久しい。

 

現在では生産できない材料や道具は多い。

画像は、型付け用の丸刷毛(まるばけ)。渋紙も添えて。

桐生の隣、栃木県足利市で生産されていた丸刷毛も後継者がなく、

いまでは生産することができない。

全国でも珍しいこの丸刷毛はこの地域特有のものだった。

ほかにも型付け用顔料として使用されていた青花や

中綿を整えるためのふのりもいまでは貴重なものとなっているが、

ここ桐生には現在でも確かに存在する。

 

舶来の化学品に対する、日本古来の材料を和物(わぶつ)という。

その問屋もすでに数えるほどとなっているそうだ。

スカジャンの歴史を残すため、これらの材料の保存にも取り組む

決意を新たにしたのであった。