デッドストック11着発見!

2018年1月27日に掲載された桐生タイムスさんの記事です。

11着のデットストックスカジャンが、

開かずの茶箱の中から発見されました。

持ち主の方のお母様とお姉様が

1946~50年頃、自宅で縫製されていたそうで、

ご本人も横浜の桜木町のスーベニアショップへ

スカジャンを持ち込んだことがあるそうです。

当時は、商品があれば売れる状態だったから、

刺繍柄の種類や数量などについて

生産者にも裁量があったようですね。

というか、勝手に作りまくったのではないかと。

それを見ていたご近所の刺繍・縫製業の人々が

次から次へと真似しまくった。

ウチが最初に縫った、という話を

複数の人から聞くのも、

混沌とした時代を象徴しているようですね。