デットストック発見!

2018年11月8日に掲載された桐生タイムスさんの記事です。

8着のデットストックスカジャンと

製作途中の裁断物や

横振り刺繍見本(刺繍した方の名前入り!)なども

一緒に保管されていました。

本や雑誌などでは見たこともない生地や柄も多数。

おそらく桐生で織られたであろう

綸子(りんず:羽織などに使用した着物地)を

使用したスカジャンは、

なんともいえない不思議な魅力を纏っています。